やりたいことをやらせてもらえる環境が仕事をする上での大きな魅力


DivisionManager

Accounting div.

PROFILE
公認会計士。新卒で大手監査法人に入社。東証一部上場企業を中心とした複数社の監査業務に従事した後、2020年バルクオムに入社。経理部業務全般を担当。

MESSAGE 01.

少数精鋭の組織でスピーディーに仕事をこなす、
緊張感が常にある刺激のある日々(を送っています)

前職は監査法人で働いており、IPO準備会社の支援をはじめ、上場企業の財務諸表や内部統制の監査などを担当していました。担当クライアントは業種・規模ともに多種多様で、インチャージ(現場責任者)を任されるなどたくさんのことを学べたと思っています。

上場会社のインチャージを1年間担当し、会計・監査の年間スケジュールを大まかに把握できたところで、今度はこの経験を社外で活かしたいと思うようになりました。当時よくしてくれていた先輩に相談したところ、一度事業会社を経験したほうがよいとアドバイスをいただき、共通の知人を介してバルクオムと出会いました。

業種にこだわりがあったわけではありませんが、メンズ美容は今後必ず伸びる領域だと思っていたのと取締役CFOも同じ監査法人出身の公認会計士ということで話も合い、他の会社を見ることなく入社を決めました。

入社してまず驚いたのは意思決定の早さでした。監査法人にはないスピード感がある会社だと思いましたし、それについていかないといけないという緊張感がありました。

また意思決定だけではなく、業務全体の求められるスピードが他社と比べとても早いと感じます。少数精鋭ということもあり、意思決定の際に間に人が入ることが少ないという背景もありますが、何より行動指針の”LEAN / DEFINE”を日頃から求められていると感じます。 事業をスピーディーに進めるために、スピードを重視しており、フローも簡易化されていますが、もちろん正確さを欠かすことは出来ません。複数の部署を横断して仕事を進めることが多いからこそ、一人一人の認識の違いなどを意識し、柔軟に対応するようにしています。

MESSAGE 02.

自分が会社で一番数字に詳しい人間だという責任を持ち、
全社を俯瞰して考える

会社運営はヒト・モノ・カネとよく言いますが、ヒトを雇うにもモノを買うにもお金がかかります。全社のPLや資金繰りを俯瞰してみている部署だからこそ、全社視点で最適な意思決定が出来ているかというのは常に考えるようにしています。

Accounting Division(経理部)としては月次決算・四半期決算・年度末決算作業を行っています。会社が正しい意思決定をするためには財務情報は必要不可欠なので、いかに正確な数字を早く出せるかということを常に意識しています。間違った数字を出すわけにはいかないので高い緊張感を持っています。
また会計観点からのリスクを識別し、適切に対処するための対応策も検討しています。自分が全社で一番数字に詳しい人間だという責任を持って、お金回り・会計回りに関するあらゆる情報を吸い上げて適切なアプローチをとっています。

MESSAGE 03.

メンズ美容を牽引、
そして幅広い業務経験を経験できる特別な環境

会社の魅力は間違いなく”メンズ美容を牽引してきている”ということだと思います。これは誇りですね。仕事をする上での魅力は、基本的にはやりたいことをなんでもやらせてもらえること。経理の担当ではありますが、契約書のファイナンスリスク観点からのチェックや在庫管理など、経理以外の領域も幅広く経験することができ、自分自身の成長に直結していると思います。