グローバルNo.1になっても
揺るがない会社の基盤をつくる

Takato
Hayashi

林 峻人

DivisionManager

CorporatePlanning div.

PROFILE
公認会計士。新卒で大手監査法人に入社。東証一部上場企業を中心とした複数社の監査業務に従事した後、2018年バルクオムに入社。
上場準備、経営企画業務全般を担当
MESSAGE 01.

自分が会社にどんな価値を出せるのか、
そこに挑戦し続けることが出来る

前職は監査法人でした。色々な業種、規模の会社の監査をしましたが、自分がその会社に価値を発揮できているのか……ということがずっと気になっていました。監査はクライアントが出した結果に対してアクションを起こす仕事だったからです。
そこで自分の経験から価値を提供できる、事業会社で会社の基盤を作っていく仕事がしたいと思い転職活動をしていた時に紹介されたのがバルクオムでした。
入社の決め手となったのは、今後株式上場を目指す会社でその一連の流れを経験できるというところです。バルクオムでの仕事は前例がほぼ無い上にいろいろな仕組みを自分で作り上げていく。そんな会社で自分がどれくらいの価値を出せるのか挑戦したいと思ったんです。

入社してまず驚いたのは代表や取締役との距離の近さですね。人数規模からすると当たり前かもしれませんが、代表の部屋にも絶えず人が入ってきて話をしているのが印象的でした。
また社内の雰囲気は、入社までは勝手に「気合と根性でガツガツしている」ようなイメージを持っていたのですが、バルクオムは多くの人がイメージするスタートアップ企業の雰囲気とは少し違うかもしれません。データなどに基づいて考える風土があるからでしょうか、気合と根性感はあまり表には出てこないですね(笑)。
もちろん雑談もあるし聞きたいことがいつでも聞ける雰囲気で、かつみんな意見ははっきり言うので無駄に空気を読むなどの必要が無い。自然でいられる環境だと思っています。

MESSAGE 02.

会社全体に与える影響が大きいので、
日々緊張感を持って取り組んでいます

経営企画の役割は会社の骨子を作ることだと思います。
売上を上げるなど結果が目に見えやすい仕事ではないですし、誰かからすごく感謝される仕事でもないのですが、自分が作る設計が弱いといずれ会社として大きなほころびになる可能性がある。
特にいろんな規程や会社運営の仕組みを設計している段階なので細心の注意を払って業務を進めています。

入社直後から稟議制度などの基盤を作り直し、設計もゼロから自分で行っていたので、それが普通に運用され有効活用されているのを見るとやりがいに感じますね。
社内向けの基盤整備もありますが、社外に向けたパブリックな会社になるための仕組みづくりを担当できるのは貴重な経験だと思っています。

ただ任されている仕事が事業計画の策定や上場準備など会社に及ぼす影響が甚大で、数字の誤りなどによって事業計画に支障が出てくることが大いにある仕事です。正直なところ日々緊張感がすごいですね……(笑)。
社内では取締役とのやり取り、外部の出資者や証券会社、監査法人などとのコミュニケーションが多くなるので、こちらが伝えたい内容を効果的に伝えるプレゼン能力、先方が求めているものをタイムリーに出せるスキルも重要で、今後も経営企画としての専門性を高めていきたいと思っています。

MESSAGE 03.

自分が扱うプロダクトを自信を持って「かっこいい」
と言えるのってすごくいい

会社の魅力はプロダクトに全てが出ていると思っています。洗練されている。純粋に友達や家族に自分が扱うプロダクトを自信を持って「かっこいい」と言えるのがいいと思ってるんです。少し照れますが誇りと言うんでしょうか。入社して2年たちますがその気持ちは全く変わらないですし、むしろ高まっています。

会社の人の魅力は、みんなが親切。この一言に尽きます。
仕事柄、ほぼ全ての部署とコミュニケーションをとりながら仕事を進めますが、こちらから何かを提供するより、まとめたり聞き取ることが多いので他の人の助けが無いと仕事にならないんです。面倒な依頼も多いのですがどのメンバーも親身に対応してくれる。そしてやたらレスポンスが早いのもバルクオムらしさだと思います(笑)。

今後については、まずはバルクオムという会社の基盤を盤石なものにしていきたいです。これまでも基盤整備は行ってきましたが、もっと規模が大きくなっても揺るがない会社にするためにはまだまだやることがあります。そのためには、目の前のことだけではなく会社の将来を考えて先回りして自分が仕組み作りをしていかなくてはいけない。それが自分のキャリアにとっても大きな糧となる。そう思っています。