「もう1回使いたい」「これ好き」と思ってもらえる製品づくりができる環境

Natsumi
Nishimura

西村 奈津美

DivisionManager

ProductPlanning div.

PROFILE
美容師、化粧品のカウンセリング販売、メイクアップアドバイザー、フェイシャル、店舗管理などを経験後、2013年のブランド創業間もないバルクオムに参加。
入社以来営業、PRなどを兼任し、現在は製品企画の全てを担う
MESSAGE 01.

入社を決めた理由はプロダクトの良さと代表の人柄の良さ

バルクオムに入社する前は美容関連の仕事を10年ほどしてきました(途中バーテンダーを掛け持ちしたりしながら……)。
そんな中、友人から「一緒にブランドを作っていく仲間を探している人がいる」と、代表の野口を紹介されたのがバルクオムとの出会いです。
ブランド立上げ直後のためラインナップは洗顔、化粧水、乳液の3種類で、代表から「正直に感想を聞かせてほしい」と言われサンプルを渡されました。
当時のメンズスキンケアは、爽快感や手軽さを重視し清涼成分を多用した刺激が強い商品が多い印象たったので、もらったサンプルに対しても正直期待していませんでした。それに加えて、自分が元々肌が弱いことや、経験上多くの人の肌を見てきていたこと、自分が携わるかもしれないスキンケアの品質ということもあり、かなり慎重に確認したのを覚えています。
でも、BULK HOMME製品はこれまでのメンズスキンケアの印象とは明らかに違いました。素直にメンズ用なのに良いプロダクトだなと感じました。
製品設計のコンセプト、美容成分の豊富さ、爽快感よりも低刺激を重視しているところ、使用後のべたつきは少ないが保湿力はしっかりしている。これは女性でも使える品質だな、と思いました。

またもう1つの入社の決め手は、「あいつは信頼していいよ!」と友人からも言われていた野口代表の人柄です。
創業間もない頃からの付き合いですが、今でも友人の言葉は嘘ではなかったと思います。やり方は変わっても根っこの部分はブレない、まっすぐで嘘がつけない、言い訳をしないし責任感が強い、実は社員の気持ちをめちゃくちゃ気にしている。そしてそんな人間臭い代表が人生をかけているVISIONに共感することで社内が一丸となり、同じ目標に向かって進んでいく仲間が少しずつ増えていく。そんな様子を見てきているので、私は今もバルクオムで働き続けているんだと思います。

MESSAGE 02.

ブランドを体現できる製品とはどのようなものか…常に考えています。

入社当時は店舗の担当をしていました。卸先との交渉、店頭ディスプレイや販促品の製作、接客カウンセリング……自分が店舗側の立場だった経験を活かし、お客様目線を重視するスタンスで取り組んでいました。当初は社員が少なく兼任が当たり前だったため、店舗以外で携わった業務も多々ありました。ほとんどが未経験でしたが、今考えると視野を広く多角的に考えることができるようになったのはこの経験があったからこそだと思います。
その後それまで代表である野口が主導していた製品の企画を自分に担当させてほしいと志願し、2016年頃からメイン担当になりました。

製品企画の仕事は、製品をコンセプトから企画し付与したい価値を形にする仕事です。製造自体はOEM先に委託しているので、ディレクターのようなイメージですね。
BULK HOMMEというブランドを軸にコンセプトを考え、生み出したい製品価値のゴールを設定し、OEM先と協業しながら処方やテクスチャなどを相談し、サンプルが出来たら検証し再度試作し...を繰り返して完成まで持っていく。それ以外にも必要な申請作業やエビデンス集め、訴求ポイントの資料化などいろいろなプロセスがあります。

BULK HOMMEというブランド名には、バルク(製品の中身)を何より重視しバルクファーストの考え方で作った最高のプロダクトであること、男性の肌にとってどうあるべきかを追求しメンズスキンケアの基準であり王道となるブランドになること、という意味が込められているので、それをブランドの土台である製品でしっかりと体現できるように日々没頭しています。

MESSAGE 03.

「とにかく最高の製品を作ってほしい」としか言わない、
潔い会社

製品企画目線でのBULK HOMMEの良さは、時代や流行に左右されるような「今売れる製品」を考えるのではなく、どうしたら「もう1回使いたい」と思ってもらえるかを重視しているところだと思います。
どんなプロダクトでもマーケティングの力で最初の1回は使っていただくことが出来るかもしれない。ただ「もう1回使いたい」とか「これ好きだな」と思ってもらえるのは、デザインを含めた製品自体の持つ力だと思っているからです。いい意味で空気のようにその人の人生に溶け込み、ちょっとだけ心を豊かにしてくれる、生活に欠かせない存在になる製品を作るのが目標です。

代表は決して「売れるものを作れ」とは言いません。「最高の製品を作ってほしい」とだけ言い続けています。これは、誰もが使い続けたいと思う品質と体験を提供できるプロダクトを指していると解釈しています。高品質を目指す上で余計な制限がかからないように、まずは原価を無視して企画しどうしたら理想を形にできるかを自由に考えるプロセス踏むことができるのも、BULK HOMMEのブランドネームを体現したバルクファーストの製品設計に必要なことだからです。余計なことは考えなくていいからとにかくいいものを作ってくれって、簡単なようで意外と言えない、潔ささえ感じる方針だと思います。

今回聞かれて初めて気が付きましたが、私は子供の時から目に入るもの全てに対して「自分ならどうするだろう」と無意識に考えるクセがあったんです。あと、モノでもコトでもターゲットを変えたときにどう変化するのかを想像したりとか。それがそのまま活かせるので今の仕事は自分に合っているのかもしれないですね。
製品はブランドの要であることを常に意識しながら、これからもさらにBULK HOMMEが世界中で愛されるブランドになるよう注力していきたいと思います。