感情的な意思決定がほとんどない会社。自分の判断軸もおのずとそうなる

Daiki
Furukawa

古川 大樹

DivisionManager

SalesDevelopment div.

PROFILE
新卒で入社した大手グループにて法人営業を担当。自分が好きな製品を扱う仕事をしたい想いから2017年バルクオムに入社。
リテール営業を担当。
社内最年少Manager
MESSAGE 01.

自発的にチャレンジしたいならすごくいい会社

元々は新卒で入社した大手グループのメーカーで産業機器などの法人営業をしていました。 この時に営業職の基礎を学び、職場の人間関係も良好でしたが、多分10年後も今と同じように仕事が出来るだろうけど、本当にそれでいいのか……と深く考え始めたのが転職のきっかけでした。やはり自分がもっと好きな製品を扱ってそれを営業として広げていきたい。そんな考えから会社を探していたところでバルクオムに出会いました。

ブランドは知っていましたが、実際に話を聞いてみるとまだ人数の少ないベンチャー企業が本気でグローバルNo.1を目指していて、年齢性別に関係なくみんなが活躍している勢いがある会社に感じました。自分もそんな環境に身を置いて仕事がしたいと思ったのが入社理由です。

最初はヘアサロンなどに対しての営業を担当し、日々試行錯誤をしながら営業活動をしていました。ブランドイメージとは真逆で泥臭く、決してスマートな感じではなかったですね(笑)。

入社して感じたのは、チャレンジしたいことにはポジティブに話を聞いてくれる会社だということです。自分の場合は営業をしていく中で、もっと地域や新規ディーラーの開拓をしたいなどの提案をしたところ、周りのメンバーや上司が前向きに聞いてくれてすぐにやらせてもらえたのは印象的でした。
逆に言われたことをやる、ある程度レールが敷かれている環境を好む人には向かない会社かもしれません。試行錯誤をしながら自らアクションが出来る点が魅力ですからね。

MESSAGE 02.

最初から最後まで一気通貫で仕事が出来て、
結果が分かるのは大きなやりがいです

現在はリテール営業の責任者として日々業務をしています。
具体的には、オフラインでの展開店舗拡大、また半期ごとの店舗棚割りでより展開SKUを増やせるように卸先様、代理店様にバルクオム製品を提案することが中心です。
その商談の確度を高めるための施策提案作り、事前の準備に時間を使うことが多いですね。

おかげさまで既存店舗の売上も順調に推移しているので、店舗での売上データも共有いただきながら、お話するお取引様に合った提案はどのような内容か、どのように話せばメリットに感じてもらえるかなどをずっと考えています。

また、既存展開店舗で扱っていただく製品数を増やすために、ノベルティとのセット品などを企画提案することもあります。少しでもお客様が試していただける企画を考え、サンプル手配・修正などを重ねて企画にしていきます。一連の進め方も任されているので、自分の企画次第で店舗での展開場所が変わったり、展開製品数を増やしていただけるなど成果が目に見えるのでやりがいに感じています。

ベンチャーらしく、業務は担当が細分化されていません。例えば一般的な営業だと、営業企画、データ分析、店舗担当など同じ営業でも役割分担がある場合がありますが、バルクオムでは自分で数値などを把握して、戦略を考えてプレゼンをして、結果の売上が見られる。一気通貫で仕事が出来るのはこの会社の魅力だと思います。

MESSAGE 03.

感情的な意思決定がほとんどない。
会社全体の風土なので自分の判断軸もそうなります

会社全体、各部署で感情的な意思決定がほとんどないというのも個人的にはすごく会社の好きなところです。何となく上長の機嫌もあってダメとか、生意気だ! みたいな話はもちろんなく、年齢や経験に関係なく、たとえば入社したばかりの社員であってもちゃんとロジックで納得できれば提案が受け入れられる。そんな雰囲気があります。自由度が高く束縛感がない分、やることをしっかりとやっていれば裁量権が得られる会社だと思います。

もう1つ自分が魅力に感じているのはグローバルNo.1にいつかなれればよいのではなく、最短最速で達成することを目指していてみんながそれに向けて動いていることです。
前職までは会社の歯車の一つかも……と感じてしまうことがあったのですが、今はその感覚がまるでありません。自分も会社の事業展開の軸となっていると強く実感できます。

今後はよりマネジメントスキルを高めて、メンバーも圧倒的な成果を出せるような仕事のスタイルにしていきたいと考えています。
その上でもっと上位レイヤーの仕事に挑戦してみたいですね。そのためにも会社全体を意識して担当事業をどう推進するのが最適かなどをもっと考えながら仕事を進めていきます。